KADOKAWA
2018年新卒採用サイト

職種紹介

JOBS

編集

編集
編集
  • フィクションの編集

    「小説」の編集を中心にする仕事です。KADOKAWAでは、純文学から、ミステリー、ホラー、恋愛、SF、ファンタジー、歴史・時代小説など、ライトノベルまでをも含むエンタテインメント小説を幅広く刊行しています。ベストセラー作家の新作を企画して担当したり、雑誌で原稿を取得したり、優れた新人を発掘してデビューをさせたり、作り方もさまざまですが、どの方法であっても、作家と二人三脚、企画から入稿、販売まで責任をもって担当することになります。

    ■ 先輩インタビューはこちら

  • ノンフィクションの編集

    本格ノンフィクション読み物から、人文系書籍、ビジネス書、実用書、情報誌や学習参考書など、小説・コミック以外の編集です。ジャンルが多岐にわたるため、著者も編集業務のスタイルも、本の体裁もさまざま。時代を読み、今、必要とされているテーマを敏感に察知する力、古典作品を現代の読者の心に届かせる工夫、情報を整理し魅力的な誌面に仕上げる感性、正しい情報を選び取り正しく伝えるための努力…等々、もとめられる能力をフルに発揮してください。

    ■ 先輩インタビューはこちら

  • コミックの編集

    雑誌別に編集部が組織されているのが特徴。編集者がそれぞれ連載作品(1人で複数担当するのが普通)を担当し、一冊の雑誌を作っていきます。毎月、作家と打ち合わせし、一緒にストーリー構成から創っていくことが多いため、出版業界の最前線で活躍している実感を味わうことができます。雑誌連載中の、読者からの反響を読み取って作品を育て、コミックスの販売部数を伸ばしたり、映像化をはじめとしたメディアミックス展開を考えたりしていくことが求められます。

    ■ 先輩インタビューはこちら

映像

映像
映像
  • 実写プロデューサー

    主に邦画の製作において、制作費を集めたり、スタッフを決めたり、実際上の制作の責任と実権を負います。企画の立案やキャストの選定などのクリエイティブな面だけでなく、予算と売上の管理や社内外の関係者との交渉、製作スケジュールの管理など、ひとつの作品が世に出るまで、宣伝やソフト化などを含めると世に出たあとの工程の全てに関わります。外国映画の配給や宣伝に携わっているプロデューサーもいます。

    ■ 先輩インタビューはこちら

  • アニメプロデューサー

    TVシリーズを中心としたアニメの製作の責任者です。アニメ製作においては、通常、原画や動画などの実際の製作作業はスタジオに発注しており、製作スタッフや原作者、編集部など非常に多くの人が製作に関わっています。さまざまな意見を集約しつつ、ひとつの作品の世界観をまとめ上げるのがプロデューサーの役割。大きなヒットを産み出せば社会現象となり、瞬く間に世界中の話題をさらうこともできます。実写映画同様、予算と売上の管理も重要な任務です。

    ■ 先輩インタビューはこちら

国内外戦略

国内外戦略
国内外戦略
  • 会社全体の経営戦略の立案、事業を円滑に運営するための基盤整備を担います。 新たな事業の立ち上げや海外拠点への進出なども遂行します。他企業との提携やM&Aの実務、海外への駐在などを経験することも。 人事や経理・財務、法務・知財、総務、広報、生産管理、情報システムもこの職種に含みます。

    ■ 先輩インタビューはこちら

営業・マーケティング

営業・マーケティング
営業・マーケティング
  • 出版物、電子書籍・販売、営業・宣伝のほか、自社媒体を利用した広告営業、コンテンツを利用した商品化企画や翻訳権販売、映像版権販売など幅広い業務があります。 単に取次店を通じて店頭に書籍を供給するだけではなく、国内外のパートナーと販売戦略を共有してコンテンツをいろいろな国でいろいろな商品に展開し大きく売り伸ばす事にKADOKAWAの強みがあります。 緻密なマーケティングとプロモーション戦略によりマーケットニーズを的確にとらえ、人々が求めるものを求めるタイミングで展開できる体制を構築しています。 出版や映像だけでなくさまざまなメディアの動向を把握し、自分なりの着眼点で今の売れ筋を分析し、販売戦略を立てることが必要。 デジタルでの流通が普及する一方、リアルで行われるイベントも盛り上がっており、両者の強みを最大化する新たな戦略が日々求められています。

    ■ 先輩インタビューはこちら

ページTOP