採用メッセージ

“好きすぎる”は、才能。

寝るのが惜しいほど数々の物語に興奮し、キャラクターたちのセリフに何度も救われた。好きなものには時間と労力を惜しまずどこまでも追いかけ、「もっともっと!」と新しい楽しさを次々探しに。探究心が止まらずに、愛する作品がヒットしてもしなくても、その理由を分析せずにはいられない。友人とコンテンツ談義になれば朝まで持論をぶつけ合い、“好き”のレベルが度をこえて社会生活ではときに窮屈さを感じたこともあったっけ。

そんな、幼い頃からコンテンツに育てられてきたあなたの“好きすぎる気持ち”は、大きな才能です。ここでは才能≒仕事になります。アニメ、コミック、小説、映画、ドラマ、雑誌、ゲーム・・・。二十数年の人生をかけてコンテンツのことを想い、「この物語はこんなキャラクターを登場させたら面白くなる」「あのアニメはこう展開させていたらヒットしたはず」「動画投稿サイトで見つけたこのクリエイター、今は無名だがいずれスゴイ作品をつくり出すに違いない!!」・・・etc. と考察を重ねてきた時間は、ものづくりの起点であなたの大切な財産です。

READ MORE

KADOKAWAはあらゆるジャンルで、無数の“かつてない”を追い求めている会社。明日は何が飛び出すか、次は何が起こるのか、まったく予測不能なのがKADOKAWAらしさです。毎日毎日、バラエティに富んだコンテンツが生まれる源泉は、“人”の多様性。趣味趣向も思考回路もバラバラな一人ひとりが自由に発想を飛び回らせ、それぞれの想いが交錯して化学反応が起きたとき、見たことのないコンテンツが生まれます。だからこそ、なんでもそつなくこなせなくてもいい。多少いびつでも、「変わっているね」と言われても、誰にも負けない“特A”があることが強力な武器になります。

それに、10代20代の若者にウケるものは、40代のベテラン編集者/プロデューサーよりきっとあなたのほうが知っています。20代ならではの、そして自分にしかないアイデアや企画をどうぞ縦横無尽に駆け巡らせてください。世界中の海外拠点やテクノロジー研究などを担う多様なグループ会社・専門組織も、あなたのものづくりをバックアップします。コンテンツづくりにヒエラルキーはありません。

さあ、あなたのその溢れ出している“コンテンツ愛”を、〈新しい物語〉としてカタチにしていきませんか。自分のつくったコンテンツが世界中の人たちをアツくさせる快感を、入社1年目からおもいきり味わえる環境がある。そんな会社にしていきたいんです。

“あなたのアイデアが触媒となり、あの著名クリエイターと、全く別ジャンルのヒット作品が化学反応を起こす”。“あなたが発掘しプロデュースした新人作家が世界的名作を創造する”。“あなたの企画力と突破力が起爆剤になり、世界数十億人の人たちに愛されるコンテンツが生まれる”。そんな2020年が来ることを楽しみにしています。

70億のココロふるわす、ものづくり・コトづくりを