角川グループホールディングス

名作探訪

『リング』 (1998)

-一大ホラーブームを巻き起こしたヒット作-

 今を遡ること14年前の1998年1月、鈴木光司氏のベストセラーを原作に、映画『リング』『らせん』が劇場公開され、配給収入10億円を記録しました。もちろん原作の角川ホラー文庫『リング』『らせん』、そしてその完結編にあたる単行本の『ループ』も記録的なヒット作品となりました。
 見た者を1週間後に呪い殺す「呪いのビデオ」といった斬新な設定もさることながら、井戸の中やテレビから現れる貞子のインパクトと主題歌「feels like “HEAVEN”」の強烈なイメージは、今もバラエティ番組などで使われるほど定着しています。
 ちなみに『リング』には本作が映画初主演となる松嶋菜々子さん、冒頭、最初の犠牲者となる女子高生役で竹内結子さんが出演しています。
 そして翌年には、映画オリジナルの続編で『リング2』が公開され、さらに2000年には第3作『リング0 バースデイ』が公開されました。


 日本ホラー映画史に大きな足跡を残した作品が、5月12日、新たに蘇ります。“呪いのビデオ”は“呪いの動画”となり、さらにテレビだけでなくスクリーンからも飛び出す 『貞子3D 』となっての登場です。主演は、若手トップ女優の石原さとみさん。貞子との壮絶な戦いに挑みます。原作は鈴木光司氏によるシリーズ最新書き下ろし『エス』。あわせて関連書籍も大展開。貞子ブームの到来にご期待ください。



▲ページの先頭へ

Copyright All rights reserved. KADOKAWA GROUP HOLDINGS. INC.
角川グループホールディングスページに掲載されている全ての画像、文章のデータについて、無断転用・無断転載をお断りいたします。