映像事業
夏以降は公開映画、DVDともに話題作、人気シリーズをラインナップ

 映像事業の売上高は91億7,800万円、前年同期比100.5%で、昨年を上回ることができましたが、営業利益は1億3,900万円のマイナスとなりました。
 当第1四半期の映像事業の特徴としては、劇場公開映画の本数が多いものの、興行収入目標が比較的小さく、いわば小粒な作品が多かった点が挙げられます。角川グループでは、映画の原価を映画公開月から10か月ですべて償却しており、そのため、売上げに比べ原価の負担が大きくなります。しかしながら、これらの映画は、公開後6か月ほどで、逆に利益率の高いDVDとなります。また、第2四半期以降の映画のラインナップは、逆に、作品数は多くはありませんが、興行収入目標の高い大作を中心に展開してまいります。
 韓国映画の「グエムル−漢江(ハンガン)の怪物−」「王の男」、そして人気小説の映画化「バッテリー」(2007年春公開)など大型作品が集中しています。9月2日に日本で公開される「グエムル」は7月27日に韓国で公開され、初日動員数45万人、3日間で188万人といずれも歴代記録を更新しました。また、12月に日本で公開される「王の男」は2005年12月に韓国で公開され、あの大ヒット作「ブラザーフッド」を抜いて1,300万人を動員し、歴代記録1位になった作品です。さらに、「森のリトル・ギャング」(8月5日公開)「木更津キャッツアイワールドシリーズ」(10月28日公開)「犬神家の一族」(12月16日公開)「超劇場版ケロロ軍曹2」(2007年春公開)と興行収入が見込める作品が続きます。
 DVDについては昨年同期と比べると、売上げ規模自体も小さくなっておりますが、この主な要因としてはドリームワークス作品の売上げが挙げられます。昨年の第1四半期のDVD売上げのうちドリームワークス作品によるものは、大ヒットした「ターミナル」など約25億円あったのに対して、当第1四半期は約1.5億円でした。しかしながら、第2四半期以降に「ミュンヘン」「ウォレスとグルミット」など大型作品が控えております。加えて、第2四半期以降は、ドリームワークスの2作品以外にも「超劇場版ケロロ軍曹」をはじめ、6月に発売されて以来、大ヒットシリーズになっております「涼宮ハルヒ」シリーズの続刊を毎月刊行していくなど、話題作や人気シリーズをラインナップ。7月7日に発売した「博士の愛した数式」も初回出荷が5万枚と好調です。
 映像事業は、第1四半期だけをみると、営業利益はマイナスとなってしまいましたが、第2四半期以降にむしろ営業利益を押し上げる施策が集中しておりますので、大幅に改善すると考えております。

グエムル
王の男
森のリトル・ ギャング
犬神家の一族
「グエムル −漢江 (ハンガン) の怪物−」
「王の男」
「森のリトル・ ギャング」
「犬神家の一族」

ミュンヘン
ウォレスとグルミット
超劇場版ケロロ軍曹
博士の愛した数式
「ミュンヘン」
「ウォレスとグルミット」
「超劇場版ケロロ軍曹」
「博士の愛した数式」

角川ヘラルド映画を中心にした映像事業再編について
 現在、角川グループの映像事業では、旧角川映画と旧角川ヘラルド・ピクチャーズを合併した角川ヘラルド映画を中核会社とし、同社に映像事業の各種機能を集約する方向で再編を進めております。この再編の一環として、角川グループホールディングスが直接出資する角川エンタテインメントとユナイテッド・シネマを、角川ヘラルド映画の子会社・関係会社とし、同社の映像中核会社としての事業基盤をさらに強化いたします。
映像事業
1. 再編のスキーム:会社分割
 現金の移動を発生させず、また適格分割により簿価での資産引継ぎを行なうため、角川GHDが「角川エンタテインメントとユナイテッド・シネマの管理営業」を角川ヘラルド映画に吸収分割する形を取ります。
分割により角川GHDから角川ヘラルド映画に承継させる資産は、角川エンタテインメントの株式(簿価4.4億円)、UC宛投融資(株式簿価8億円、貸付金10.7億円)が中心となります。
今回の案件は、上場企業の角川GHDが分割会社となりますが、簡易要件(分割資産が角川GHDの総資産の20%以下)を満たすため、角川GHDの株主総会決議は不要。
2. 再編スケジュール
 角川エンタテインメントとUCについては、8月1日付で分割完了。
3. 角川書店からの「映像子会社管理営業」の会社分割

 同じく角川ヘラルド映画の事業基盤強化を目的として、角川書店が保有する映像関係の株式(アスミック・エース エンタテインメント、日本映画衛星放送、シネマ・パラダイス)についても、会社分割の手法により角川ヘラルド映画に集約いたします。ただし、これらについては、今後予定されている「角川書店を中心とする再編」の一部として同時に実施するため、年内の再編完了をめざします。


Copyright All rights reserved. KADOKAWA GROUP HOLDINGS. INC.
角川ホールディングスページに掲載されている全ての画像、文章のデータについて、無断転用・無断転載をお断りいたします。