グローバル展開

KADOKAWAグループの重要な成長領域として海外事業があります。米国、中国、台湾、香港、マレーシア、タイなどに展開した現地グループ会社と連携しながら、翻訳出版、海外オリジナル出版、電子書籍、ゲーム、アニメなどの映像作品、情報発信メディアの企画開発に取り組んでいます。日本および海外で開発されたIPを世界各地で立体的に複合展開し、IPが持つ価値を最大化するグローバル・メディアミックスを展開しています。

海外グループ会社一覧はコチラ

①日本発IPのグローバル・メディアミックス展開

日本で開発されたIPを、国内外のパートナー企業の協力や、海外拠点との連携を通じてグローバルにライセンス展開しています。翻訳出版はもちろんのこと、アニメの海外配信やゲームの海外展開など、各国・地域が持つマーケット特性に合わせた広範なフォーマットで、多くの作品をファンに提供し、KADOKAWAならではの多彩なポートフォリオを持つメディアミックス戦略を実行しています。

日本発IPの作品例 日本発IPの作品例

②海外発IPのグローバル・ライセンス展開

海外で創出・開発したオリジナルIP、および海外各社から権利をお預かりしたIPにより、日本での海外IP展開も拡充しています。当社海外拠点および世界中のネットワークを活用して、海外作品を日本市場でも翻訳出版し、さらにそれを世界中にライセンスアウトするなど、KADOKAWAグループ全体のアセットをフルに活用した拡大戦略を進めています。

海外発IPの作品例 海外発IPの作品例

③グローバル・プラットフォーム事業

デジタルを活用して国境を超え、直接海外マーケットや海外の顧客とつながるクロスボーダービジネスも始めています。情報メディアの運営から、SNSプラットフォームを使ったソーシャルマーケティングビジネス、多言語での電子書籍直接配信、ECといったD2Cサービスなど、マーケットやエリアに応じたプラットフォーム事業を行っています。ネイティブスタッフによるKADOKAWAブランドや作品のファンコミュニティ育成も目的のひとつです。