KADOKAWA
2018年新卒採用サイト

営業企画局 山崎悠里

営業企画局 山崎悠里

 休み時間が待ち遠しく、チャイムが鳴るといつも胸はずませながら図書室へ通っていました。小学6年生になる頃には、図書室にある本をほぼ読破。家に帰れば何冊もの少女漫画を読みふけっていました。いろんな世界へと連れて行ってくれる物語が私は大好きでした。好きというより、飢えていたと言ったほうがしっくり来るくらい没頭していましたね。作文に書いた“将来の夢”も「編集者になること」。低学年の頃にはもう「出版に関わる仕事がしたい」という想いが湧き上がっていました。その気持ちはずっと変わらず心の中に。大学生になり就職活動をすることになったときにも、もちろん出版業界が第一志望でした。数ある出版社の中でもKADOKAWAは当時、いくつもの会社が一つになったタイミング。いろんな文化が混ざり合い、何かが起こりそう。そんな予感がしました。ここなら新しいことに挑戦できそうだと思い、入社を決めました。今私は、営業担当としてコミックスの営業企画の仕事をしています。編集部と打合せを重ねながら、初版・重版の印刷部数の計画を立てたり、イベント・フェアや店頭POPやポスターなどの販促物の企画立案に携わっています。子どもの頃には「本をつくるならとにかく編集者だ!」と思っていたけれど、こうして仕事を始めてみると、ものづくりにはいろんな部署の人が知恵やアイデアを出し合いながら世に届けられているんだなと実感しています。実際、私も営業担当として作品づくりに関わる機会が多いです。編集者と定期的にミーティングを行い、「2巻はこういう方向性はどうでしょう?」、「読者はこんなことを望んでいるようです」、「この装丁は書店員さんの注目も集められそうですね」といった会話をしています。編集者や著者さんはとにかくその作品自体に没頭する。営業の私はもう少し俯瞰して、読者や書店員さんの視点を持って作品に関わる。そんなイメージでしょうか。読者や書店員さんの視点を忘れることなく、作品の未来や売り方を考えていくこと。それが営業として大切なことだと私は思っています。

営業企画局 山崎悠里

 働く場所としてのKADOKAWAの特徴は、とにかく若手にチャンスがあること。私も1年目で、アニメ化を控えたコミック作品の出荷計画・販促企画の立案を担当しました。当初は、「右も左もわらない新人の自分にできるだろうか」という不安もありました。でもそのときに先輩編集者が言ってくれた「これを経験したら、山崎さんは何でもできるようになるよ」という言葉で奮起できました。時間もかかったし、大変だったけれど、作品自体の面白さとアニメ化の成功も力になり、コミックは大きく部数を伸ばすことに成功できました。販売部数は週単位で見て取れるので、自分が仕掛けた施策がどうだったのか、しっかり数字で把握できます。それはもちろんプレッシャーでもありますが、仕事の成果を確かに実感できるという意味では大きなやりがいを得られる要因でもあります。1年目からでも大きな仕事を任され、それを機会にグンと成長していく。これは一つのKADOKAWAらしさですね。KADOKAWAは今、ものすごく大きな変革期にいます。私が入社したときにいくつもの会社が一つになり、その後ドワンゴも仲間になりました。それぞれの会社に、それぞれの強みや独自のノウハウがあります。私たちはそれらを混ぜ合わせ、各社の個性を薄めてしまうのではなく、いいとこどりをしてこれまでにない“コト”を起こそうとしています。まったく新しい作品、新しいジャンル、新しい営業提案、新しい売り方・・・。これからの新しい楽しさが生まれるのはきっとKADOKAWAから。私はそう信じているし、私自身がその発信者になっていきたい。そんな風に思っています。

営業企画局 山崎悠里

(上記内容はインタビュー時のものです)

イチオシ商品

  • 『僕は小説が書けない』

    『僕は小説が書けない』(中村航,中田永一)。一度は小説を書くことに挫折した男子高校生が、個性的なメンバーにもまれながら、小説の書き方、自分の生き方を模索していく物語。「才能はないかもしれない。でもやってみよう!」という気持ちを思い起こさせる一冊です。

  • 『くまみこ』

    舞台は東北地方のとある山奥。「都会の学校へ行きたい」と願う巫女のまちに、クマのナツが都会で生きていくためのあらゆる試練を与えていく物語。『くまみこ』(吉元ますめ)は、月刊コミックフラッパーにて連載中。ほのぼのしていてとっても癒やされるお話。忙しい就職活動の息抜きにもぜひ!

  • 『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』

    『無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜』(漫画:フジカワユカ,原作:理不尽な孫の手,キャラクター原案:シロタカ)。トラックにひかれた34歳童貞無職のニート男。目覚めればそこは剣と魔法の異世界!赤ん坊として生まれ変わり、「今度こそ後悔なき人生を送ろう」と決意した主人公の奮闘物語です。

ページTOP