KADOKAWA
2018年新卒採用サイト

デジタル戦略推進局 サービス企画・運用部 企画・運用2課 鈴木萌愛

デジタル戦略推進局 サービス企画・運用部 企画・運用2課 鈴木萌愛

 KADOKAWA=出版社のイメージが強い方には、デジタル部門の仕事が想像しにくいかもしれません。KADOKAWAでもデジタルシフトが進み、書籍や雑誌の電子化はもちろん、WEBサイトやアプリのサービスがたくさんあります。
 私が所属しているデジタル戦略推進局のミッションは、全社のデジタル案件のパフォーマンス最大化です。WEBサイトやアプリの企画・制作・運用や、KPI(目標達成までのプロセスとなる指標)の設定とそのPDCA(計画を立て、実行し、検証して、改善するというサイクル)などが主な業務です。
 現在携わっているレタスクラブニュースでは、主に数値レポートと開発ディレクションのサポートを行っています。WEBは記事や特集毎のページビュー(閲覧された数)がわかるので、実施した施策に対するユーザーの反応が分析できます。記事や特集を作成する編集部には、良かった点だけでなく悪かった点についても傾向を分析して、次回の改善に役立てるように伝えています。分析を元に行った改善施策の効果が出た時は、チームに貢献できた充実感を味わえます。また、分析したユーザーの利用傾向と編集部の要望を元に、エンジニアのチームとサイトを日々改善していくのですが、編集部とエンジニアは専門とする知識領域が異なるので、その間に立って双方にわかりやすい言葉で伝える工夫をしています。ここは、私自身がデジタル部門に異動した時に戸惑った経験が役に立っているかもしれません。

デジタル戦略推進局 サービス企画・運用部 企画・運用2課 鈴木萌愛

 入社する時は「自分が作ったもので人を動かしたい」と思っていました。子どもの頃から作ることが好きで美術大学に入り、エンタテインメントに携わる仕事をしたいと考えていました。入社して最初に配属されたのは広告営業の部署。雑誌の広告スペースやサイトのバナーを売るだけではなく、クライアントの要望をヒアリングして、それに適した企画を提案するという仕事内容はとても面白く、やり甲斐がありました。ただ、自分としては企画だけではなく、その企画を実際に作り上げるところまでやってみたいと思っていたので、デジタル部門への異動が決まった時は嬉しかったです。実際に異動してみると、会議で聞き慣れない3文字のアルファベットやカタカナが飛び交い、覚えることも多いのですが、社内で勉強会を開くなど新しい情報を共有し合う文化があるので、日々成長出来ていると実感しています。将来的にはマーケティングのスキルを磨きつつ、企画全体をプロデュースできるようになりたいと考えています。
 デジタルに限らず、KADOKAWAは変化していく会社だと思います。2011年に当時の「角川マーケティング」に入社してから半年で社名が変わり、約2年後にはグループ内で9社合併が行われ、一度も転職したことはないはずが社名だけ見るとまるで3社目のようです。社史を見ても、文庫から辞典、映画とのメディアミックス、情報誌、IT事業、そしてデジタルシフトへと、時代ごとに事業の主軸が変化してきたことがわかります。
 そんなKADOKAWAの今の最前線はデジタル部門ではないでしょうか。今後生まれながらにデジタルに馴れ親しむ世代も増え、次々と新しい変化が起こるはずです。デジタル部門で働くことはKADOKAWAの前線で働くことであり、エンタメ好きな人・作ることが好きな人にとって魅力的な職場になると思います。

デジタル戦略推進局 サービス企画・運用部 企画・運用2課 鈴木萌愛

(上記内容はインタビュー時のものです)

イチオシ商品

  • WalkerTouch

    WalkerTouch(ウォーカータッチ)は、東京ウォーカーをはじめとした「お出かけ&エンタメ」情報誌の公式アプリです。全国2,000件以上のイベント情報から行きたいイベントを探せます。

  • レタスクラブニュース

    レタスクラブニュースは、「ちょっといいこと」の積み重ねで日々の暮らしを豊かにしていく生活情報サイトです。プロの料理家によるレシピや生活で役立つニュースをお届けします。

  • 角川ホラー文庫の作品

    読み始めると止まらない角川ホラー文庫の作品。「天使の囀り」の作家、貴志祐介さんによる「エンタテインメントの作り方」と一緒に読めば、創作の裏側も楽しめます。ミステリーやSFのおすすめ作品情報も満載です。

ページTOP