KADOKAWA
2018年新卒採用サイト

ビジネス・生活文化局 ビジネス・ソリューション事業局 編集長(実用書) 谷内博一

ビジネス・生活文化局 ビジネス・ソリューション事業局 編集長(実用書) 谷内博一

 「小説、情報誌、漫画・・・。様々なジャンルに編集という仕事があるが、中でもビジネス書・実用書の編集はちょっと地味なんじゃない?」。学生のみなさんにはそんな疑問を感じる方もいるかもしれません。もしそういう疑問を持つ方がいるなら、私はこう答えたい。「この仕事は手ごたえが違う!」。・・・と、大きな声で言いましたが実はこれ、ある先輩ライターさんのウケウリです。私がまだ駆け出しだった頃、一緒に仕事をさせていただいていた大先輩ライターさんにこんな話をされました。「世の中には、文芸編集者こそが花形だというイメージがあるかもしれない。でも文芸の世界では、編集者が自分で手を動かせることは限られている。その点、ビジネス書・実用書は企画・構成段階からタイトル、カバーデザインまで編集者の仕事。誌面づくりでも、編集者自らつくり込みます。そこがビジネス書編集の醍醐味なんじゃないか」と。確かにその通りなんです。例えば、『トヨタの片づけ』(OJTソリューションズ)では、トヨタで働いていた元工場長の方々に取材をさせていただき、ライターさんと原稿を書き起こしていきました。正直当時は、ビジネス書らしい分かりやすい文章を書き慣れていなかったこともあり苦戦したのですが、1冊の本ができあがったときの充実感や達成感はそれまで感じたことのないものがありましたね。また、もしみなさんが本屋さんに行かれたら、実用書コーナーで何冊かの本を開いてみてください。1冊1冊、デザインもレイアウトも構成も異なっているはずです。それは、担当した編集者の個性です。企画構成からレイアウトのラフを描くところまで編集者自身でやりますから、一人ひとりの趣味趣向や感性が思いきり発揮されるわけです。最近では後輩の女性編集者が担当した、『読むだけで思わず二度見される美人になれる』は華やかでページをめくる度に変化もあって面白かったですね。男の私には絶対できない誌面だと驚きました。

ビジネス・生活文化局 ビジネス・ソリューション事業局 編集長(実用書) 谷内博一

 もう1つ、実用書・ビジネス書編集の魅力を挙げるなら、自分の人生そのものがネタになるということ。日々の暮らしや仕事において感じる、「なんとかしたい!」「もっとこうなりたい!」という悩みや欲求をそのまま企画にできるのです。だから、そのときどきの生活スタイルや担っている仕事によって、立ち上げる企画に変化が起こることも。出産した編集者が突然、子育てに関する企画を出すことがあれば、私も若い頃にビジネスパーソンとして成長したいと考えていたときは、会計や英語のスキルを学べる企画を練り、部門長となって組織をマネジメントする立場になってからは人材育成やマネジメントに関する企画を頻繁に考えるようになりました。考えようによっては、自分のために本をつくっているという側面もあるのかもしれませんね。ただし、売れる本をつくることが編集者の使命ですから、自分が持つ疑問や課題を世の中の多くの人も感じているかというジャッジは必要ですが―。<売るために>という観点で考えると、中経出版という1つの会社から、KADOKAWAになったことは大きいと感じます。ビジネス書や実用書はシリーズ化して第2弾・第3弾と出すと、どうしても第1弾と比較し部数を落としてしまうことが多い。しかし、ライトノベルやコミックのヒット作品は、巻を重ねるごとに部数が伸びていく。例えばそうしたノウハウを実用書の世界に持ち込んでも面白いですよね。『100円のコーラを1000円で売る方法』でも、ノベライズするというチャレンジをしましたが、これまでのビジネス書にはなかった新しい展開はまだまだあるはず。KADOKAWAにはそのヒントが山のようにあり、この環境を活かせば今までにない実用書を続々と創り出していけるはずと考えています。

ビジネス・生活文化局 ビジネス・ソリューション事業局 編集長(実用書) 谷内博一

(上記内容はインタビュー時のものです)

イチオシ商品

  • コミックでわかるアドラー心理学

    アパレル店の店長を「ある理由」から退職。失意の中シェアハウス「日暮荘」にやってきた坂井麻衣。彼女はそこで出会った同居人、藤崎のゴリ押しで塾の先生を手伝うこととなり……。アドラーがこれ1冊で全部わかる!

  • 頭がよくなる青ペン書きなぐり勉強法

    難しいルールは一切なし、青ペンでノートに書きなぐるだけ。超シンプルでだれでもできるのに、必ず結果が出る――早稲田塾で多くの受験生たちを合格に導いた勉強法のノウハウを公開!大人も受験生も使えます!

  • トヨタ仕事の基本大全

    シリーズ累計50万部突破!シリーズ最新刊。トヨタメソッドをすべてまとめました。改善、問題解決の8ステップ、5S、リーダー研修など、トヨタはこれまで独自のメソッドを作り出し、その独自の社員教育を行うことで企業の強みの源泉としてきました。新入社員からリーダー研修まで「ビジネスマンが一生使える本」です。

ページTOP