社 史 - Company History -

  • 1945〜1975
  • 1976〜1981
  • 1982〜1993
  • 1994〜2002
  • 2003〜2012
  • 2013〜

Show:

文芸出版社の時代(1945年〜1975年)

戦後日本の再出発とともに、出版による日本文化の再建を志して出版社を興す。国史・国文を中心とする清新な出版活動は、人々の文化的渇望に応え、広範な共感と支持を得て、文芸出版社としての基礎を確立する。


1945(S20)11月10日、国文学研究者であった角川源義が出版社を興す。出版第1号は「歌集歩道」(佐藤佐太郎)だった。

1949(S24)「角川文庫」創刊(B6版)、第1回配本はドストエフスキーの「罪と罰」。

1950(S25)「角川文庫」を現在のA6版に改装し、第一次文庫ブームを引き起こすヒットとなる。

1952(S27)雑誌「俳句」創刊。「昭和文学全集」(全60巻)を発行。戦後出版史を飾る大ベストセラーとなり、「全集ブーム」の引き金に。事務所を千代田区富士見町に移す。

1954(S29)株式会社に改組、文芸出版社としての地歩を確立。

1956(S31)「角川国語辞典」「角川漢和辞典」を刊行、辞典界に進出。

1957(S32)高校教科書「国語(総合)」発刊、高校国語教科書界を席巻する。

1958(S33)「日本絵巻物全集」(全25巻)、「図説世界文化史大系」(全24巻)発刊。

1960(S35)「世界美術全集」(全40巻)発刊。

1962(S37)「校本芭蕉全集」(全10巻)を発刊、完結後文部大臣賞。

1964(S39)「図説俳句大歳時記」(全5巻)発刊。

1967(S42)「カラー版世界の詩集」(全12巻)発刊。

1968(S43)「日本の詩集」(全12巻)を発刊。この年、詩集ブームが起こる。

1969(S44)「日本近代文学大系」(全60巻)発刊。

1971(S46)「日本史探訪」(全22巻)を発刊。NHK人気番組の出版化で、メディアミックスの先駆となる。

1972(S47)4月「現代俳句大系」(全12巻)発刊。富士見書房を設立。

1974(S49)雑誌「野性時代」創刊。角川文庫流通センター開設。

1975(S50)角川源義社長永眠。角川春樹社長就任。

文庫と映画のメディアミックスの時代(1976年〜1981年)

映画分野に参入し、角川文庫と角川映画の連動が成功を収める。爆発的なヒット作品を生み、経営基盤を飛躍的に拡大するとともに、映画事業を角川書店のひとつの大きな柱とする契機ともなった。


1976(S51)(株)角川文化振興財団設立。角川映画第1作「犬神家の一族」公開。角川文庫版横溝正史の作品が販売1800万部を突破。以後、角川文庫を原作にエンタテインメント映画を次々と製作。

1977(S52)池田満寿夫「エーゲ海に捧ぐ」が上期芥川賞受賞。森村誠一「人間の証明」を映画化。併せて森村誠一の作品、文庫本フェアが大ヒット、ベストセラーとなる。

1978(S53)有明夏夫「大浪花諸人往来」が53年度下期直木賞受賞。「角川日本地名大辞典」(県別47巻・別巻2)発刊。映画「野性の証明」。

1979(S54)角川文化振興財団主催、角川書店と有力地方新聞社等の後援で「文庫による読書感想文コンクール」をスタート。映画「悪魔が来りて笛を吹く」「白昼の死角」「蘇える金狼」「戦国自衛隊」ほか公開。

1980(S55)横溝正史賞を設定。映画「復活の日」公開。

1981(S56)新シリーズ「カドカワノベルズ」をスタート。映画「ねらわれた学園」「悪霊島」「セーラー服と機関銃」ほか公開。

雑誌の時代(1982年〜1993年)

「週刊ザテレビジョン」の創刊以降、各種メディア対応の情報誌を立て続けに世に送り出し、都市情報誌「東京ウォーカー」を誕生させる。その成功によって、“情報誌の角川”と呼ばれるまでになる。


1982(S57)つかこうへい「蒲田行進曲」が第86回直木賞、同じく、村松友視「時代屋の女房」が第87回直木賞と連続受賞。「週刊ザテレビジョン」創刊。

1983(S58)「新編国歌大観」(全5巻10冊)刊行。ゲームソフト情報誌「コンプティーク」創刊。「幻魔大戦」「時をかける少女」「探偵物語」「里見八犬伝」公開。

1984(S59)「第四の核」(上・下)発売、60万余のベストセラーに。「週刊ザテレビジョン」北海道から沖縄までカバーする全国15版体制に。

1985(S60)アニメ情報誌「Newtype」、少女コミック誌「ASUKA」を創刊。

1986(S61)NHKの大型番組の出版化「ドキュメント昭和」(全9巻)刊行。

1987(S62)「とれたての短歌です」に新買切り制を採用して出版界に反響。「ビデオでーた」「CDでーた」創刊。

1988(S63)角川本郷ビル完成。「富士見ファンタジア文庫」「スニーカー文庫」創刊。

1989(S64・H元)角川文庫創刊40周年。「角川文庫の名作100」「ビッグスペシャル」フェアを展開。

1990(H2)「東京ウォーカー」創刊。「角川日本地名大辞典」完結。流通部門の強化を図り、新流通センターを埼玉県三芳町に竣工。角川映画15周年記念作品「天と地と」公開。

1991(H3)「ふるさと大歳時記」(全8巻)刊行開始。

1992(H4)「ルビー文庫」創刊。

1993(H5)ザテレビジョン、角川メディアオフィスなど関連会社を吸収合併。角川歴彦が代表取締役社長に就任。

メガコンテンツ・プロバイダーへの道(1994年〜2002年)

新角川書店“メガソフトウェア・パブリッシャー”を標榜し、社内体制の整備、資本と経営の分離など経営基盤の強化に取り組みつつ、コンテンツのマルチメディア展開に向かって進み出す。さらに、インターネット、デジタル・コンテンツ、ブロードバンドなどIT事業にも積極的に乗り出し、“メガコンテンツ・プロバイダー”としての大いなる企業統合を現出する。


1994(H6)「聖なる予言」がベストセラーに。「関西ウォーカー」創刊、創刊号が記録的実売を記録。「少年エース」創刊。(株)角川書店流通センターを吸収合併。

1995(H7)創立50周年を迎える。本社ビル完成。富士見本社新築ビルへ本郷ほかより移転。第2回日本ホラー小説大賞・「パラサイト・イヴ」がベストセラーに。「月刊ザテレビジョン」創刊。

1996(H8)「東海ウォーカー」創刊。

1997(H9)新角川映画「失楽園」、「新世紀エヴァンゲリオン」が大ヒット。「九州ウォーカー」創刊。

1998(H10)映画「リング」「らせん」公開。社会現象ともなる大ヒット。鈴木光司原作の文庫と単行本「ループ」の三部作が驚異的販売数を記録。映画「不夜城」公開。「横浜ウォーカー」創刊。角川文庫創刊50周年キャンペーン展開。「アスミック・エースエンタテインメント」設立。東京証券取引所市場第二部に上場。

1999(H11)映画「リング2」「死国」ヒット。「トスカドメイン」「角川インタラクティブ・メディア」設立。「マリー・クレール」新装刊。「千葉ウォーカー」「台北ウォーカー」創刊。新本社ビル完成。独ベルテルスマン社と包括的提携。台湾国際角川書店開設。

2000(H12)「メガポート放送」「ウォーカープラス・ドット・コム」設立。実用新書「角川oneテーマ21」を創刊。「神戸ウォーカー」「北海道ウォーカー」「SPORTS Yeah!」創刊。

2001(H13)シンガポールにて「ウォーカー・アジア・エンタテインメント」設立。「エス・エス・コミュニケーションズ」を傘下に。「ビーンズ文庫」創刊。「ガンダムエース」創刊。映画「冷静と情熱の間」公開。原作が単行本、文庫ともに大ベストセラーに。

2002(H14)映画「仄暗い水の底から」公開。「月刊BS&CSザテレビジョン」創刊。「メディアワークス」を傘下に。「角川大映映画」設立。

総合メディア企業へ(2003年〜2012年)

それぞれの事業をさらにブロードバンド時代に合った業態に変え、グループ全体を「出版と映像の総合メディア企業」から出版と映像、そしてネットブロードバンド事業という3本立ての事業形態へシフト。経営の軸は「集中と選択」から「選択ある拡大」へと転換。


2003(H15)角川ホールディングス設立。出版を主事業とする事業会社として角川書店を新設。ストック型フリーペーパー「TOKYO INDEX」創刊。宮部みゆき「ブレイブ・ストーリー」(上・下)、現代言語セミナー編「つい他人に試したくなる 読めそうで読めない漢字」ヒット。「野性時代」新装刊で発売。

2004(H16)東京証券取引所市場第二部から第一部へ移行。映像パッケージ販売の新会社「角川エンタテインメント」設立。「アスキー」「エンターブレイン」グループ入り。「角川大映映画」が「角川映画」に社名変更。米国「ドリームワークス」と業務提携。「毎日が発見」創刊。

2005(H17)韓国大手映画会社「CJエンターテイメント」との業務提携を発表。日本ヘラルド映画が角川ヘラルド・ピクチャーズと社名変更し100%子会社に。角川書店から富士見事業部が独立して「富士見書房」設立。角川グループ創立60周年記念式典。

2006(H18)「角川ホールディングス」から「角川グループホールディングス」に社名変更。角川映画と角川ヘラルド・ピクチャーズが合併し「角川ヘラルド映画」設立。「角川ザテレビジョン」「角川クロスメディア」2社を設立。「ダ・ヴィンチ・コード」文庫版を上・中・下巻で発売。単行本と合わせ1,015万部の最大級ヒット。

2007(H19)角川書店を「角川書店」「角川マガジンズ」「角川グループパブリッシング」ほかに分割。角川ヘラルド映画が「角川映画」社名変更。香港に「カドカワ・インターコンチネンタル・パブリッシング」を設立。ケータイ小説を文庫化した「魔法のiらんど文庫」創刊。

2008(H20)「角川マーケティング」設立。事業会社合併により、「アスキー・メディアワークス」設立。角川文庫創刊60周年記念企画を実施。「スニーカー文庫」「富士見ファンタジア文庫」20周年、「電撃文庫」15周年、「ファミ通文庫」10周年。黒澤明監督作品「羅生門」ハリウッドでデジタル復元。

2009(H21)「中経出版」グループ入り。「角川ゲームス」「K・Sense」「角川コンテンツゲート」設立。初のグループ合同レーベル「角川つばさ文庫」創刊。映画「沈まぬ太陽」公開、日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ多くの映画賞を受賞。

2010(H22)「魔法のiらんど」グループ入り。中国「広州天聞角川動漫有限公司」設立。東京証券取引所「企業行動表彰」に選定。ドワンゴとの業務提携を発表。電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」サービス開始。「天地明察」が第7回日本本屋大賞受賞。「テルマエ・ロマエ」日本マンガ大賞2010受賞。「東京ウォーカー」創刊20周年。「レタスクラブ」通巻700号。「週刊アスキー」通巻800号。

2011(H23)角川書店と角川映画、角川マーケティングと角川SSコミュニケーションズ、アスキー・メディアワークスと魔法のiらんど、角川コンテンツゲートとワーズギアが合併。グリーと業務提携。ドワンゴと資本提携。オンライン映画前売券販売サービス会社「ムビチケ」設立。「涼宮ハルヒの驚愕」世界同時発売。

2012(H24)角川コンテンツゲートが「ブックウォーカー」に社名変更。角川グループパブリッシングと角川出版販売が合併。合弁会社ドコモ・アニメストア設立、スマホ向けアニメ配信サービス開始。TVドラマ化「ビブリア古書堂の事件手帖」やTVアニメ化「ソードアート・オンライン」ヒット。「新世紀エヴァンゲリオン13」世界15カ国&地域、電子書籍で同時発売。角川ゲームス初のオリジナルゲーム「LOLLIPOP CHAINSAW」全世界発売。EPUB3導入発表、BOOK☆WALKERもEPUB化。楽天「kobo」、Amazon「Kindle」など新規電子書籍ストアオープン、グループ各社が積極的に作品を提供。BOOK☆WALKERにグループ外出版社が本格的に作品提供を開始。角川華文ライトノベル・イラスト大賞 初の中国・台湾共同開催。

デジタル・ネット時代にトランスフォーメーション(2013年〜)

2013年10月1日、子会社9社を吸収合併し新生KADOKAWAがスタート。比類なきメガコンテンツ・パブリッシャー、およびデジタルコンテンツ・プラットフォーマーとして、自由でダイナミックなIPの創造やネット・デジタル、グローバル市場への進出に挑戦し、さらなる成長を目指す。


2013(H25)角川グループホールディングスが角川グループパブリッシングを吸収合併。
6月22日株式会社角川グループホールディングスから株式会社KADOKAWAに商号変更。
10月1日子会社9社を吸収合併し新生KADOKAWAがスタート。
コーポレートロゴ制定。
角川アスキー総合研究所設立。
ドワンゴからの株式取得によりスマイルエッジ子会社化。
角川大映スタジオ設立。
角川EPUB選書創刊。
週刊ファミ通」通巻1300号。
コンプティーク」30周年。
短歌」60周年。
俳句」「短歌」電子版配信開始。
電撃PlayStation」通巻555号。
汐文社」グループ入り。
KADOKAWA Contents Academy」設立。


2014(H26)日本コカ・コーラ社との共同事業としてスマートフォン向け無料週刊誌「週刊ジョージア」を創刊。
ウェブコミックサービス「コミックウォーカー」スタート。
LOLLIPOP CHAINSAW」全世界100万本突破。
レタスクラブ」通巻800号。
幸田真音『天佑なり』第33回新田次郎文学賞受賞。
NTTドコモのサービス「dマガジン」にブックウォーカーが雑誌専用ビューワーを提供。
KDDIのauユーザー向けアニメ配信サービス「アニメパス」開始。
リインフォース」設立。
フロム・ソフトウェア」グループ入り。
黒川博行『破門』第151回直木賞受賞。
電撃文庫『ソードアート・オンライン』シリーズ国内累計1,000万部、全世界累計1,670万部突破。
10月1日株式会社ドワンゴと経営統合。
持株会社KADOKAWA・DWANGO設立。
森薫『乙嫁語り』マンガ大賞2014大賞受賞。
KADOKAWA Contents Academyの第一校「角川国際動漫教育」が台湾で開校。
株式会社ムビチケが株式会社エイガウォーカーへ商号変更。


2015(H27)ブランドカンパニー制から領域制による組織再編を実施。
KADOKAWA富士見ビル」完成。
京都市と「連携と協力に関する協定」を締結。
上橋菜穂子『鹿の王』2015年本屋大賞第1位。
所沢「COOL JAPAN FOREST構想」発表。
株式会社ところざわサクラタウン設立。
WEB小説の新レーベル「カドカワBOOKS」創刊。
WEB発小説『オーバーロード』アニメ化でヒット。
電撃文庫3000タイトル突破!!大感謝フェア」開催。
学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』第49回新風賞受賞。単行本&文庫特別版累計発行100万部突破。
週刊アスキー」完全電子化。
ニュータイプ」「ASUKA」創刊30周年。
訪日外国人向けSIMカード「J Walker SIM」販売開始。
KADOKAWA GEMPAK STARZグループ入り。
角川まんが学習シリーズ 日本の歴史」創刊。


2016(H28)WEB小説投稿サイト「カクヨム」スタート。
米国大手出版社Hachetteグループとの合弁会社Yen Press設立。
米国アニメ配信大手Crunchyrollと戦略的提携。
角川映画40周年。
角川文庫『ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領』刊行を記念して、ホセ・ムヒカ前ウルグアイ大統領来日。
タイの総合出版最大手Amarinグループとの合弁会社KADOKAWA AMARIN設立。
広州天聞角川への中国インターネットサービス大手TENCENTグループの資本参加による体制変更と業務提携。
よつばと!』第20回手塚治虫文化賞〈マンガ大賞〉受賞。
電撃文庫『ソードアート・オンライン』全世界累計1,900万部突破。
君の名は。』映画化で大ヒット。
Re:ゼロから始める異世界生活』アニメ化により大ヒット。